靴下・タイツコーデを楽しみたい!柄で遊ぶお手本コーデ3選

寒くなったと思えば暖かい日が続いたり、気温の変動が激しい今日この頃。
秋と冬の境目で服装の調節をするのが難しいですよね。
そんな時に活躍するのが靴下やタイツなどのレッグウェア。

最近では靴下屋さんを覗くと可愛い柄の靴下、タイツが沢山…!
シンプルな靴下を合わせることは多いけど、柄の靴下ってなかなか手を出せなくないですか?

今回は柄のレッグウェアを上手に履きこなす上級テクニックをマルコの靴と一緒にご紹介します!
柄のレッグウェアをちょい足しするだけでいつもの足元コーデがもっと楽しくなりますよ♪

今年流行っている靴下・タイツの柄や丈感は?

まずは今年流行っている靴下をCHECK!

お店に多く出てきている柄物ソックスの中でも今年はストライプが多い印象。
ストライプ柄はシンプルでお洋服に取り入れやすいだけでなく、
足が細く、長く見える効果もあり!トレンドのトラッドスタイルとも相性抜群です♪

そして丈感はハイソックス丈がトレンド。
最近は暖かい日が多いし、タイツだと脱ぎ履きが面倒…
タイツ代わりとして着用できるのがハイソックス丈なんです!

柄の入った靴下やタイツの履きこなし方のポイントは?

柄の入ったお洋服を着る時ってシンプルなレッグウェアを合わせがちではないですか?
勿論、その方が全体のまとまりが取りやすくて失敗しないコーディネートテクニックの一つです。
だからと言って柄物レッグウェアをワードローブから外すのは勿体ない!
柄のレッグウェアもテクニック一つで簡単に履きこなせちゃうんです♪

POINT1:柄物初心者さんは定番柄から

柄が入ったソックスやタイツってどうしてもコーディネートが難しいって思ってしまっていませんか?
ちょっと手を出すには勇気がいる…と思う方はまずはパッと見た時にシンプルに見えるミックス編みや、
ストライプ、ボーダー、チェックなどのお洋服でも親しみのある定番柄を選んでみましょう♪
色も最初はベーシックな黒やブラウン系の色味でまとめるとコーディネートが簡単に決まります!

POINT2:お洋服と靴下のトーンを合わせると◎

2つ目のポイントは柄のレッグウェアを使った時のコーディネートのトーンを統一させる事。
全体的にまとまりが出る上に、柄をプラスする事で落ち着いた上級者コーデに変身します♪
このテクニックを使えばお洋服に柄を使っていても柄を足元に取り入れやすくなります!

POINT3:差し色にしたい時はボトムスと反対色にしてみて

3つ目のポイント。こちらは少しレベルが上がりますが、レッグウェアをコーデの差し色として使いたい時。
そんな時はボトムスを反対の色味で合わせるとおしゃれに決まります!
素敵な柄の靴下やタイツが主役になる、上級者コーデが出来上がり♪

柄靴下・タイツのお手本コーデ

柄の入った靴下やタイツの合わせ方のポイントが分かったところで、
実際にポイントを踏まえたコーディネートをご紹介します!
コーデにおすすめのマルコのシューズもご紹介!今から実践できるおすすめコーデ3選です♪

ミックス編みソックスを使ったコーディネート

厚手でざっくりとした編み感が温かい印象のソックス。
シンプルミドルブーツのグレージュで色を馴染ませることで脚長効果もありつつ、
カーキのロングスカートも映えるの組み合わせ♪
トップスはざっくりニットやフーディなどがバランス良しです。

★「今回合わせたマルコのシューズはこちら」

バイカラーソックスを使ったコーディネート

チェック柄のタイトスカートにバイカラーソックスを合わせたコーディネート。
柄の靴下を履く時、スカートは無地で合わせがちですが、
ブルー系のトーンでまとめれば手を出しにくいバイカラーソックスを合わせてもとってもおしゃれ!
足元はタッセルローファーのダークブラウン。
レディなコーデも足元トラッドでグッと今年っぽく。

★「今回合わせたマルコのシューズはこちら」

ピンストライプタイツを使ったコーディネート

ハーフボトム×パンプスを秋冬でも楽しみたい!そんな人におすすめのコーデ。
ボトムと馴染む色よりも、反対色になるカラーの方がおすすめ。
今回はオフホワイトのボトムにダークブラウンのタイツを合わせて、
トップスと靴はその中間のグレージュ〜ブラウン系で合わせてまとまり良く。

★「今回合わせたマルコのシューズはこちら」

柄入り靴下・タイツコーデで秋冬ファッションを楽しもう

秋冬コーデにぴったりな柄入りレッグウェアの取り入れ方をご紹介しました!
普段のコーディネートでもソックスやタイツを変えるだけで、秋冬のスタイリングの幅が広がりますよね。
足元ファッションが楽しいこれからの季節、足元に遊び心として柄を取り入れてみては如何でしょうか?


★「最旬トレンドのオーバーサイズコーディネート記事はこちら」

★「ブーツを合わせる時に気にしたい丈感に関しての記事はこちら」

関連記事