足元から始める秋支度。RELEの“愛着”バレエパンプス。

RELEの愛着バレエ

朝、夕に心地のいい風が吹きはじめ、秋の訪れを感じる瞬間が増えてきましたね。
そろそろ夏のコーディネートを終え、秋モードに突入したい気分♪

まずは足元から秋支度を始めてみるとスムーズにシフトが可能で、足の甲が見えるバレエパンプスなら重たくならず取り入れやすいのでおすすめです!!
でも、様々なブランドから発売されているためどれを選んでいいかは難しいアイテムでもありますよね。

RELEが提案するバレエパンプスは“愛着”を大切なキーワードとしています。

ふと気づくと履いてしまい、ガラス越しに映った姿に微笑み、そして手放したくなくなる。
デザイナーから職人、関わる全ての人がお客様のこの姿を想い浮かべて作り上げています。

そんな見えない想いやこだわりを少しでもお伝えできればと思います。

RELEバレエパンプスに秘めた想い

RELEバレエパンプスに秘めた想い

RELEのバレエパンプスはデザイナー佐原が自身の経験をもとに届けたい想いが込められています。

バレエパンプスはフラット故にどうしてもカジュアルに見えがちなイメージを持ちますが、佐原の幼い頃から感じていたバレエパンプスとはオードリーヘップバーンが履いていたような、ちゃんとした場所にも履いていけるイメージでした。

それは、高いヒールの煌びやかさがなくてもきちんと歩けてどこに履いていっても恥ずかしくないそんな「気品」のある靴だったのです。
“愛着”をもって大切に履いていただくためには見た目のトレンドデザインだけでは難しいと考え、この「気品」こそが重要だと感じ、何度も熟考を重ね辿り着いた答えはとてもシンプルで履き心地を第一に、見えない部分にも一切の手を抜かずこだわり抜くことでした。

機能から生まれる美しいデザイン

機能から生まれる美しいデザイン

履き心地を左右するトゥの形や履き口のカットラインはミリ単位で調整しています。
足先にストレスをなくすためにややスクエア型で、足を綺麗に見せるためと脱げないように絶妙な甲の深さに設計しています。
デザインで美しくするのではなく、あくまでもお客様の足のことを優先に考え抜くことが本当の美しさだと解釈しています。

大人の気品漂う佇まい

大人の気品漂う佇まい

素材は足に馴染みやすく綺麗めな印象を表現したかったのでキメの細かなシープスキンを贅沢に使用しています。
それはちゃんとしたシーンにも履いていけることを想定して選んでいます。
しっとりと柔らかく手に吸い付くようなタッチは履いた循環から極上の履き心地を実現しています。

また、紐の通るパイピング部分もシープスキンにすることで足あたりは優しく、見た目の上品さも兼ね備えています。

足にフィットする柔らかな履き心地を実現

足にフィットする柔らかな履き心地を実現

アッパーとソールを直接縫いあわせた後にひっくり返す特殊なステッチアンドターン製法を採用しています。
接着剤がほぼ使われず、さらには中底もないので屈曲性の高いソフトな靴に仕上げていますので足にかかる負担を減らし、長時間歩いてもあまり疲れを感じません。

また、トップラインの紐を飾りではなく調整できる仕様にすることで踵が抜けることはなくなり、安定したフィット感を得ることができます。

定番カラーに秋の新色が登場

バレエパンプス定番カラー

1stシーズンにデビューしたカラーはあらゆるコーディネートやシーンにも対応できるマットなブラックと、足もとにアクセントを加えモード感を演出してくれるホワイトの2色。

バレエパンプス新色

バレエパンプス着用

2ndシーズンではまさにRELEらしいニュアンスカラーのチャコールが加わりました!!
秋らしいシックなコーディネートはもちろんのことお仕事用としても使えるおすすめのカラーになります。

RELEのバレエパンプスで秋支度

これからの秋支度にぴったりのRELEバレエパンプスをご紹介させていただきました。
少しでも“愛着”をもっていただくきっかけになれたらとても嬉しく思います。
バレエパンプスから始める秋ファッションを目一杯楽しんでみてください!!

バレエパンプスの商品ページはこちら

関連記事