木型のお話 ー 小さい足の方へ向けた特別なBワイズ ー

FOREMOS marco の靴の木型はBワイズを基準に作られています。

ただし、一般的なBワイズではなく、たくさんの小足さんの採寸で得た数値を元に作製したSpecial Bワイズを採用しています。

今回はそんなFOREMOS marco の想いが詰まった特別な木型についてご紹介をしていきたいと思います。

 

そもそも靴の木型とは?

木型とは、靴を作る上で最も重要と言っても過言ではない、靴の原型になる足型の事。

靴業界の間ではラストとも呼ばれています。

木型と呼ばれているように、従来は木を削って作られた物ですが、
プラスチック製、アルミ製のものも存在します。

この木型を元にデザインや履き心地などを決める為、一番手間と時間をかけて形を決定します。

同じ木型でもデザインが変われば履き心地が変わったり、似たような木型でも幅や長さが微妙に違ったり…
同じサイズでも靴によって履き心地が違うのはこの為です。

 

FOREMOS marco の木型は他と何が違うの?

FOREMOS marco の靴づくりを始めるにあたって、沢山の小さな足の方の計測を行いました。

小さい足の女性の足を実際に採寸して分かったこと…それは、
「ただ小さいだけではなく、とても細く華奢な足をしている」という事。

実際採寸をした数値を元に起こした木型と、計測値に一番近い一般的なBワイズを比較した画像がこちら。

同じ21.5cmのBワイズでも幅や長さにこんなにも違いが出ました。

なぜこんなに違ってしまうのか…?

これは一般的な木型の作り方は、23cm(もしくは23.5cm)を基準としているから。

23cmから、幅は〇ミリ、周囲は◯ミリ…というように決まった数値を引いていくだけの作り方だと、
本当に小さい足でお悩みの方に合う靴は作れなかったのです。

そこでFOREMOS marcoでは小足さんの実寸を元に、何度も修正を加え、
21.5cmを中心とした【Special Bワイズ】木型を作製。

これをブランドの軸としました!

★「自分の足のワイズがわからない方はこちらの記事もチェック」

 

足さんに合わせたスペシャルBワイズの秘密

FOREMOS marco の木型の秘密のお話でした。

小足さんに合わせたスペシャルBワイズはどんな靴を履いても幅が合わない、
フィットしないという華奢で小さな足の方に、今までに感じたことのないフィット感を感じていただけるはずです!

 

これからも、より良い履き心地を追求しながら小足さんに合わせた木型をアップデートしていきたいと思います。

関連記事