パンプス・ヒールを履いた時に、つま先や小指が痛くなる原因と対処方法

足型タイプ

あなたは靴を購入した後、歩いている時につま先や小指が痛くなる経験ってありませんか?

「いつもと同じサイズを買っているのに何故…?」
そんな時はサイズだけでなく、つま先やワイズが合ってない事が原因かも。

今回はつま先や小指が痛くなる原因とその対処方法をお教えします!

 

サイズだけで靴を選ぶのは要注意!つま先やワイズもチェックしよう。

靴を購入する際、サイズ表記だけを見て靴を選んでいませんか?
実は、同じサイズでも、靴によってデザインや設計が違うんです。
このデザインや設計は人によって合うもの合わないものがあります。
靴を選ぶときは、サイズだけでなく、つま先の形やワイズ(足幅)にも注意して選んでみましょう!

 

つま先の形状に合わせたパンプスを選ぼう。

人間のつま先形状は大きく分けて3タイプ存在します。
このタイプによって足に合う靴の頭形状が違うんです!
靴が合っていなくて足が痛い!と思った時は足に合わない形だった…なんて事もあるかもしれません。

ここからは足のタイプ別にオススメのトゥ形状をご紹介いたします。

 

つま先の形1.【エジプト型】

こちらの型は親指から小指にかけて段々短くなっていく形状で、日本人で一番多い足の形と言われています。
様々な形状のトゥ先と相性が良いですが、
中でも頭の丸いラウンドトゥ、アーモンドトゥ、オブリークトゥと相性◎

つま先の形2.【ギリシャ型】

こちらの型は足の指の中で一番人差し指が長く、山のような形状になっています。
ポインテッドトゥやアーモンドトゥなどのつま先が尖った形状との相性が良いとされています!

つま先の形3.【スクエア型】

親指から小指までほぼ均一な指の長さをしているのがこちらのタイプ。
こちらの型はその名の通りスクエアトゥがオススメ!

 

マルコのバレエパンプスはつま先が痛くなりやすい方におすすめです♪

幅が合っていない靴を履くと足が痛くなる?

つま先の形状を知る事が出来たら、次は足の幅について見てみましょう。

足幅(ワイズ)が合っていない靴を選ぶと靴の中で前滑りが起きてつま先が当たってしまったり、
幅が窮屈でマメやタコになる原因にも。
きちんと自分のワイズを知る事が痛くない靴選びの近道なんです!

前滑りしていないか確認するには、

①踵が余っていないか

②つま先に1cm程度の余裕(捨て寸)があるか

に注目してみてください。

 

足幅(ワイズ)の正しい測り方

ワイズは親指の関節の一番出っ張った部分と小指の一番出っ張った部分を一直線に測った長さと、
同じ箇所を通る様にメジャーでぐるっと一周通した足の厚み(足囲)を参考に選びます。

女性の足のワイズ表記は主にA・B・C・D・E・EE・EEE・EEEEの8種類。
靴の底を見てみると記載のある商品もあります。

ちなみに、FOREMOS marco の靴は小柄女性に合わせた特別な設計のBワイズです♪

★「詳しいワイズの測り方はこちらの記事をチェック」

  

足が痛くならない為には『つま先の形状』と『ワイズ』に気をつけよう

痛くない靴選びのコツをご紹介しました。
足の形によって足に合う頭の形状が違ったり、ワイズの種類が沢山あるなんて、驚きますよね。

自分の足のサイズだけではなく、つま先の形状とワイズも知る事で
自分にぴったりな痛くない靴選びがとっても簡単になりますよ。

是非、今後の靴選びの参考にしてみては如何でしょうか?

 

★「バレエパンプスでつま先が痛くなる小足さんにはこちらの記事もおすすめ」

関連記事